喉の症状

喉の症状に関する内容は随時更新してまいります。

こんなお悩みありませんか?

  • 喉が痛い
  • 風邪は引いていないが喉につかえる感じがする
  • 喉にしこりがある
  • 喉に圧迫感がある
  • 喉がイガイガする、乾燥する

のどの痛みやひかっかり感は、多くの人が経験する症状ですが、その原因や症状の重さはまちまちです。

鼻汁のひっかかりや、胃酸の逆流、頸椎の張り出しが原因のこともあれば、細菌やウイルスの感染であったり、時には腫瘍が隠れていたりする事もあります。

細菌の原因の場合など、お薬をのんでいても、扁桃腺の周りに膿がたまってきたり、腫れる場所によっては、息が苦しくなったりする事もありますので、慎重な診断、治療が大切です。

一方、声がかれる場合は、声の酷使のために声帯にこぶのような腫れができている場合(声帯結節やポリープ)、たばこなどが原因で声帯全体が水膨れのように腫れていたりする事もあります。ただ、主にたばこが原因と言われている喉頭癌には注意が必要です。

咽頭(いんとう)癌・喉頭(こうとう)癌

喉の癌になると、痛み、声のかれ、呼吸のしづらさ、飲み込みにくさなどを感じるようになります。
特に食生活が乱れている方、タバコを吸う方、お酒を飲む方、辛いものをよく食べる方などは喉の癌になりやすい傾向にあります。
何か気になる症状がありましたら、早めに検査を受けるようにしましょう。

当院では、内視鏡、エコー、CT、MRIなどの各種検査を行い、放射線療法や化学療法、場合によっては手術で治療を行っていきます。

扁桃腺の病気

扁桃腺は、耳鼻科が扱う領域ですので、何かありましたら当院までご相談頂ければと思います。

扁桃炎

最初は痛み、高熱、飲み込みにくさなどの症状が現れ、悪化して腫れが大きくなると窒息してしまうこともあります。
治療は、まず口腔内を清潔な状態にし、膿があれば切開して排出します。そして点滴や抗生物質などを用いて回復させていきます。

扁桃肥大

扁桃腺が肥大することによって、睡眠時のいびきや無呼吸を引き起こし、起きている時は食べ物や飲み物の飲み込みにくさを感じます。
1年で4回以上の扁桃炎がある場合や、睡眠時無呼吸症候群が認められる場合には手術により扁桃を摘出することもあります。

お子さまの喉の病気

お子さまに多い喉の病気と言えば、「溶連菌感染症」と「アデノウイルス感染症」です。
溶連菌感染症は、粘膜、皮膚、軟部組織などを攻撃する細菌によってもたらされる病気で、喉の痛み、発熱、リンパ節の腫れ、手足の発疹などが症状として現れます。
そのままにしておくと腎炎などを引き起こすこともありますので、早めに検査・治療を受けるようにしましょう。

「アデノウイルス感染症」も同様に喉の痛みがありますが、夕方から夜だけ発熱する状態が数日間続くのが特徴です。
感染力が非常に強いウイルスですので、タオルや食器などは同じものを使わないようにし、通学も控えるようにしましょう。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、いびきをかいている人の7割が該当するとも言われており、40代と50代の患者数を合わせると、100万人以上にもなります。
いびきが異常にうるさいと家族に注意される、夜中に何度も目が覚める、起きた時に頭が痛い、日中に異常な眠気に襲われる、乗り物や機械の運転中に寝てしまいそうになるといった症状がある方は、万が一の失態を起こしてしまう前に治療を受けるようにしましょう。
また、睡眠時無呼吸症候群は、脳循環、心臓循環、高血圧などの発症リスクを高めることも分かっています。

なかなか止まらない咳

咳は様々な病気のサインです。もしお薬を飲み始めて3週間が経過しても咳が止まらないようでしたら、肺癌、結核、肺気腫などの可能性もありますので、検査を受けるようにしましょう。
また、風邪を引いていないのに咳だけ出る方や、発熱や鼻水などの他の症状は治まったのに咳だけが続いている場合も注意が必要です。

声がれ

声がかれるのにも、様々な原因があります。タバコを吸う方やお酒を飲む方もちろん、仕事上よく大きな声を出す方も声がかれやすいことが多いようです。
風邪を引いていないのに声がれが1週間以上続くようでしたら、喉頭癌や声帯の神経麻痺などの可能性もありますので、速やかに検査を受けてください。

喉の癌になると、痛み、声のかれ、呼吸のしづらさ、飲み込みにくさなどを感じるようになります。
特に食生活が乱れている方、タバコを吸う方、お酒を飲む方、辛いものをよく食べる方などは喉の癌になりやすい傾向にあります。
何か気になる症状がありましたら、早めに検査を受けるようにしましょう。

当院では、内視鏡、エコー、CT、MRIなどの各種検査を行い、放射線療法や化学療法、場合によっては手術で治療を行っていきます。

声がかれるのにも、様々な原因があります。タバコを吸う方やお酒を飲む方もちろん、仕事上よく大きな声を出す方も声がかれやすいことが多いようです。
風邪を引いていないのに声がれが1週間以上続くようでしたら、喉頭癌や声帯の神経麻痺などの可能性もありますので、速やかに検査を受けてください。

入谷耳鼻咽喉科 TEL:078-782-8700
入谷耳鼻咽喉科 TEL:078-782-8700
クリニック紹介 耳の症状
鼻の症状 喉の症状