耳の症状

こんなお悩みありませんか?

  • 音が聞こえにくい
  • 耳から膿が出てきた
  • 耳が痛い
  • 自分の声の聞こえ方が気になる

中耳炎

鼓膜の奥には「中耳」と呼ばれる空間があり、そこで炎症が起きているのが中耳炎です。

急性化膿性中耳炎

喉や鼻水の細菌が耳に感染し、中耳で増殖して膿が溜まる病気です。
症状としては、耳が痛む、耳から膿が垂れる、熱が出るなどがあり、乳幼児の場合は、夜泣きをする、不機嫌になる、頻繁に耳に触れるなどのサインも現れます。
治療は、抗生物質や鎮痛剤などのお薬が基本となりますが、場合によっては、鼓膜を切開して膿を排出することもあります。

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

滲出液と呼ばれる粘液が中耳の中に溜まり、聴力が低下する病気です。
経過によっては、真珠性中耳炎や癒着性中耳炎といった難聴が残りやすい中耳炎に進むことがあるので、注意が必要です。
治療は、飲み薬、点鼻薬やネブライザーの使用、耳管通気などを行い、場合によっては鼓膜の排液のためにチューブの留置が必要なこともあります。

慢性中耳炎

中耳炎の悪化などによって鼓膜に穴が開いてしまった状態です。
耳の内部に細菌が入りやすくなるため、感染を繰り返し、耳垂れなどの症状が止まらなくなってしまいます。
症状が続く場合は、手術によって治療します。

真珠腫性中耳炎

中耳に真珠腫(しんじゅしゅ)と呼ばれるできものが発生して、難聴、顔面麻痺、めまいなどの症状が現れます。
元々感染を繰り返す病気で、手術で治療をしても再発する可能性が高いため、術後の経過観察を怠らないようにしましょう。

お子さまの中耳炎

お子さまの身体は成長期にあり、中耳炎になってしまった場合、特に注意が必要です。
早めに病院へ連れていき、適切な治療を始めるようにしましょう。治療の遅れが耳の成長に悪影響を与えることもあります。

  • 風邪を引くと何事も中耳炎を併発する子供は珍しくありません。耳の骨も成長期ですので、根気よく治療しましょう。
  • 中耳炎に罹りやすくなる原因を取り除いておくことも重要です。
    お母さまが寝転んだ状態で授乳されている場合や、ご家族の中に喫煙者がいる場合は、特に注意が必要です。

内耳炎

内耳には聴覚に関係のある蝸牛(かぎゅう)と、重力やバランス感覚に関係のある前庭(ぜんてい)があります。
これらの器官に問題が発生すると、「良性発作性頭位めまい症」「前底神経炎」「瘻孔症状」「めまいを伴う突発性難聴」「メニエール病」などを引き起こしてしまいます。

外耳炎

外耳に細菌やカビが繁殖して炎症が起きる病気で、耳掃除の力が強すぎる、耳を触り過ぎるなどが主な原因です。
症状としては、何もしなくても耳が痛い、耳たぶをひっぱると耳が痛いなどがあり、耳垢の清掃、外耳道の洗浄や消毒をして治療を進めていきます。

耳鳴り

耳鳴りには様々な原因があり、例えば「突発性難聴」「メニエール病」「急性低音障害型感音難聴」「急性音響性難聴」「外リンパ瘻」といった病気の可能性が考えられます。
症状と原因によってはすぐに入院して治療を行う必要がありますので、耳鳴りが気になった方は、早めの受診をお願いします。

なお、慢性的な耳鳴り症状がある場合は、耳鳴りを抑える治療と、耳鳴りの不快感を緩和する治療を並行して行っていきます。
慢性的な耳鳴りがある方は、脳腫瘍、脳血管異常、聴神経異常、高血圧などの可能性もありますので、速やかに検査を受けるようにしましょう。

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

滲出性と呼ばれる粘液が中耳の中に溜まり、聴力が低下する病気です。
特に小児や高齢者で発症しやすく、治療が遅れると慢性中耳炎になり、言語発達や性格へ悪影響を及ぼすこともあります。
治療は、飲み薬、点鼻薬やネブライザーの使用、耳管通気などを行い、場合によっては鼓膜の排液のためにチューブの留置が必要なこともあります。

入谷耳鼻咽喉科 TEL:078-782-8700
入谷耳鼻咽喉科 TEL:078-782-8700
クリニック紹介 耳の症状
鼻の症状 喉の症状